中古車はそれぞれ使っていた方の乗り方やお手入れなどによっても査定額が違ってきます。

また同じ車種によっても乗っていた年数や乗り続けていた使用度によっても違ってくるので、中古車を見て評価することを査定といいます。

中古車査定はこのように使用度や年数によってもバラバラなので、その違いを見極めるためには見極めるポイントのルールが設けられています。

中古車査定は難しい

例えば一つの物を見ても大きさが違っている場合には、その大きさを調べるためにものさしなどを使用して計測するメートル法が挙げられます。

査定もそれと同様にものさしとなるルールが設けられており、物を調べるためにどんな方でも同じだと差が出ないようにすることが必要になります。

査定するルールには「標準基準」と「査定する車の状態がどのような状態なのか」を観ていくことからはじまります。

査定の標準基準6つのポイント

中古車を査定し、その車の良し悪しを決めるルールである標準基準を見ていきましょう。

標準基準には大きくわけて6つあります。

標準基準では無傷であることが理想であり査定も影響します。

  • 1つ目は、車の内装と外装を見ていく際には車に傷がついていないか見ていきます。
  • 2つ目はエンジンやアクセルとブレーキの足回りは、乗って走行している時にはトラブルを起こさずに良好なのか。
  • 3つ目には車検までの残り月数は3ヶ月以内なのか。
  • 4つ目に走行キロ数は標準走行キロを満たしているかどうか。
  • 5つ目にタイヤのすり減りであることを示す残り溝であるスリップサインは1.6ミリ以上あるかどうか。
  • 6つ目に事故などの経験があるのかどうか、修理経験や改造があるのかどうか。

以上が査定の標準基準になります。

事故の修復歴は大きな減点

しかしこれらの項目の中で、例えば事故の修復歴があれば車種や年式に関係なく減点されてしまいます。

中古車査定会社は標準基準の項目をそれぞれ満たしている標準状態である車だと、査定額にも大きく影響するため標準基準に満たしていない車よりもより高い額で買取してくれます。

まとめ

(1)中古車は乗り方や手入れが全部違う
(2)標準基準と比較することで査定額が決まる
(3)基準標準6つのポイント