今まで乗っていた愛車を手放して次の新たな車を購入するにあたり、愛車を中古車査定会社で査定してもらい売却してもらうのもひとつの手段です。

中古車を査定してから納得のいった値段を出してもらい、納得がいったら売却するまでの流れについて見ていきましょう。

愛車を査定し売却してもらうにはまず中古車査定会社を探します。

しかしそのような会社は現在日本全国で約1000社以上もあります。

たくさんの中古車の買取り会社

ひとつの地域を見ても、地域ぐるみの小さな査定会社から大手の会社まで様々あります。

愛車の査定は一体どこでしてもらえばいいのか多くの方がここで悩んでしまいますが、最近ではインターネット上で査定会社のサイトもたくさんあります。

また複数の会社で、自身の愛車を見積もりしてくれる便利なサイトもあるので利用してみましょう。

査定の流れ

気に入った査定会社が見つかれば、サイト内にあるお申し込みフォームや直接電話で申し込みをしましょう。

すると会社やお店からお客様の都合の良い時間帯や日にちを聞かれます。

申し込みをする際には、中には24時間いつでも受付できることができる会社もあるので、忙しい方は利用してみるのも手です。

サイトの申し込みフォームで申し込みをした場合には、オペレーターから確認の電話があります。

オペレーターから電話

オペレーターの電話は早いところで24時間以内に電話がくるので、電話に出て査定をする車種の確認や査定する希望の日にちや時間帯を伝えましょう。

査定する日時になったら直接お店に行きます。

最近では査定する専門の方が直接自身の住む家へ伺って査定をするサービスがあります。

査定する専門の方は年式や車種、メーカーを確認したあと傷がないか修理経験がないかなど徹底に調べます。

査定額が出たら直接お客様のもとへと査定額やその内容を伝えます。

査定額に納得できれば売却契約手続き

査定金額に納得がいけば、車売却の手続きをします。

手続きは入金を希望する金融機関や氏名など書類に記載します。

手続きが完了すると車両の引渡しをします。

まとめ

(1)車の買取店は1000社以上
(2)査定の流れはほぼ同じ
(3)オペレーターから電話が来る
(4)車の売却手続きは契約になる