車ユーザーと販売店:中古車査定に対する期待の違い

中古車査定は車を売却する側にとっては、1円でも高く買い取ってもらいたいものですが、買取店にとっては少しでも安く買い取りたいことでしょう。

 

買い取り価格はそのままその買取販売店の売上に直結していくからです。

 

中古車の買取価格というのは、その車の新車価格ではなく、需要と供給によって決まってきます。需要があればあるほど高く売れるので、期待以上の高値で買い取ってくれることもしばしばです。

 

需要がない車は安い?

しかし、逆にあまり需要がない車であれば、どんなに新車価格が高くても、買取価格が期待していたほど高くはなかったりします。

 

また、需要が多くてもそれ以上に供給も多ければ、供給過剰となり中古車査定は思ったほど高くなりません。

 

このことから、需要があり、しかも供給が少ない車は、非常に高値になる可能性が高くなります。

 

売却しようと思っている正確な買取相場がわかっていれば、期待値からそう大きくずれることはないでしょう。

 

相場を調べておく

もし予め相場を知りたければ、同じ車の中古車が、中古車市場ではいくらくらいで売られているのか確認してみると良いでしょう。

 

その売値より20〜50万円くらい安くしたのが買取価格になります。

 

それを高いと感じるか、安いと感じるかは、人それぞれでしょうが、中古車買取店に20〜50万円のマージンがあるというわけではありません。

 

その車を売るためには、様々な経費が出てくるからです。

 

中古車業界は熾烈な競争社会

つまり、中古車業界もなかなか厳しい状況の中で運営がなされているということです。

 

さらに正確に自分の車の査定額を知りたければ、インターネットの一括査定サイトを利用すれば、簡単に査定をしてもらえます。

 

車種や年式、走行距離などを記入して送信すると、すぐに査定額がメールで送られてきます。

 

おそらく期待していた額よりは若干低めの場合が多いと思います。

 

しかし、実際に売る場合はさらに上乗せされることが多いようです。
特に複数の買取業者の競合が功を奏すると、期待以上の買取価格が飛び出すことも少なくありません。

 

まとめ

(1)買取店は1万でも安く買いたい
(2)相場は必ず調べておく
(3)中古車業界は競争社会